買い替えるよりお得な価格で羽毛布団を復活させられる打ち直し

羽毛布団

羽毛布団の寿命と劣化のサイン

毎日使用する寝具は長く使っていても買い替えるタイミングが難しく、寝具の寿命というのはあまりよく知られていないものです。羽毛布団は吸湿性と放湿性に優れているので他の寝具に比べて寿命が長いと言われていて、正しい使い方をしていればお手入れの手間もかからずに快適さが長持ちします。
しかし、羽毛布団の寿命は10年~15年です。それは羽毛が消耗されることが要因で、徐々に浸透した汗やホコリなどによって中身の羽毛がコーティングされた状態になって、羽毛同士がくっつくのでかさ高が減少して保湿性が失われていくからです。では羽毛布団の寿命を感じたらどうしたら良いのか、もちろん買い替えることも良いでしょう。しかし、高品質のダウンで製品の保証がきちんとされているものだったり思い入れのあるという場合には専門業者に依頼するという方法もあります。これは「打ち直し」といって、新品のように羽毛布団をふかふかに蘇らせる方法なんですが、最近ではこれをリフォームと謳っている業者も多いです。打ち直しをするのは環境にもお財布にも優しいので、もし羽毛布団の寿命を感じた場合には買い替えるのか打ち直しをするのかを検討してみることをオススメします。