買い替えるよりお得な価格で羽毛布団を復活させられる打ち直し

羽毛布団

羽毛布団の正しいお手入れ方法と収納方法

羽毛布団は軽くて暖かい、高品質な寝具として知られています。羽毛はのかけ布団は吸湿性や放湿性に優れていつのが特徴で、一般的な寿命としては10~15年と言われています。しかし、きちんとお手入れをしていればそれよりも長く使い続けることができます。
まずは、汚れや擦り切れを防ぐ為に布団カバーを使用すること、起き抜けはしばらくそのまま放置して熱や湿気を発散させてから収納するように心掛けると良いでしょう。干し方としては、羽毛布団は綿布団と違って月に数回干す程度で風通しの良い場所に片面1時間ずつ干すのが最適ですが、できるだけ日陰に干すことが推奨されています。取り込んだあとは、保湿力の低下や品質を損なわない為に布団を強く叩かないように気を付けましょう。シーズンオフの間の収納は乾燥した場所に通気性の良いケースに入れて収納します。
たたみ方は軽く三つ折りや四つ折り、ロールケーキのようにくるくる巻くなどしてダウンボールを潰さないように気を付けて、圧縮袋を使用するのは避けましょう。お手入れに気を付けていても、どうしても布団のニオイやへたりが気になってしまう場合には専門業者に依頼して打ち直しをしてもらうことができます。打ち直しとは羽毛布団に限ったもので、中身を一度取り出して洗浄・乾燥させて足りない羽毛を足して仕立て直しをする方法です。打ち直しをする方が買い替えるよりもお得なので、買い替えるよりもオススメです。